残業のないプログラマーの休みの使い方

ソフトウェア開発の現場で、残業せずに仕事を上手くこなしているエンジニアがいるとしたら、それは休日の過ごし方に違いがあるからかもしれません。仕事を始めた時点では同じ実力を持つプログラマー同士でも、その後のスキルアップの取り組み方次第では大きな実力差が生まれます。残業しなくても済む理由としては、休日の時間を利用して能力向上のための勉強活動を行っている場合が挙げられます。休日は確かに、心身を休ませて仕事の疲れを取ることも重要です。しかし一方で休日は、プログラミングのスキルアップのためのチャンスの時間でもあります。休みの日を利用し、自身の意志で研究テーマを決め仕事で役立つスキルを向上させる取り組みが可能です。せっかくの休みには仕事関連の事柄はできるだけ避けたいと考えるのは自然であるかもしれません。

しかしあえて休日の時間をプログラミングの勉強にあてるようにすると、将来の仕事にとって何かと得られるメリットは大きいです。短時間で仕事をこなせて残業が少なくなる効果もその一つであり、さらにスキルが向上すれば将来のキャリアアップに有利に働きます。そこで休日に勉強しているプログラマーを見習い休日のスキルアップを始めてみると、これからは居残りの仕事で悩まされる必要がありません。場合によっては、同じく休みの日のスキルアップに取り組んでいる仲間を見つけて、互いに刺激し合うのもスキルアップのためには有意義なことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です