プログラマーの実力に合う職場

職場探しでは、自身の実力にあった仕事先を選ぶ事も重要です。プログラマーが能力以上の実力が求められる開発現場に就くことができたとしても、その後の開発の仕事では苦労しかねません。その理由としては、実力が伴わないため与えられた仕事をこなすために時間が掛かることが挙げられます。就業時間内に与えられた仕事をこなすことができず、仕方なく残業して残った課題をこなさなければなりません。そうなれば十分に休息を取る事ができず心身の疲労が蓄積し、さらにはプライベートの時間も犠牲にしがちです。そうなるとやがてはうつ病などの異常をきたすようになり、離職する事態に陥ることにもなります。このことからプログラマーの職場探しでは、残業しなくても良い程度の実力で仕事がこなせる開発現場を選ぶのが理想的です。

実力にあった職場であると、開発の仕事に貢献しているという強い実感が感じられて働く本人のモチベーションが下がりません。頑張った分だけ仕事の成果が得られるため、より一層働く事に強い意欲が感じられます。確かに高い実力が必要な開発現場は仕事の報酬が高く、魅力的ではあります。しかしながら実力に合わない職場を選んで苦労するのはプログラマー自身であるため、実力にあった相応の職場を選ぶのが適しています。もし実力に合わない職場であると感じるようであれば、無理に残業を続けるよりは、もっと能力にあった開発現場へと転職した方が良い結果が得られるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です